「一日彼女」にセクハラ 利用者の男を起訴

昨年8月台北市に住む男が、ネット上で見つけた「レンタル彼女」へのセクハラ行為で起訴されていたことがわかった。
検察と警察の調査によると、男はネット上で「一日彼女」のサービスを利用。3時間で7200元を支払い、手をつないで散歩するのみのサービスだったが、男が女性の腰に手を回したところ女性に拒絶されたにも関わらず、さらに太ももを撫でるなどの違反行為をした。
女性は3時間の仕事を終えて帰社し、男の違反行為を会社に報告し警察にも通報。会社側も、3時間7200元のプランでは手を繋いで散歩するのみのサービスであることを事前に男に伝えていたと証言した。
(12月30日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市政府環境保護局は3月30日(月)、マスクを路上に投棄した場合、最高で6000元の罰金を科すとし…
  2. 交通部観光局の幹部官僚が、近頃部下である職員を桃園国際空港に派遣し、自身の子どもを出迎えさせたために…
  3. 中央流行疫病情況指揮センターは3月30日(月)、大人向けのマスク販売数を4月9日(木)より7日間で3…
PAGE TOP