【トリビア~ン台湾】Vol.38 台湾語

台湾人の会話を聞いていると、ときどき「パイセイ」とか「ヘヤ~」といった中国語にはない言葉が耳に入ってきます。これらは、秘密の暗号が何かなのでしょうか?

これらは一般に台湾語で使われている表現で、「パイセイ」は「すみません」、「ヘヤ~」は「そうですね(という相槌)」を意味します。

<解説>

台湾では大陸の標準語に似た「台湾国語」と「台湾語」が使われており、台湾語は広義的には閩南語、河洛語などとも呼ばれます。台湾国語の会話の中に、ごく自然にこのような基本的な台湾語のフレーズが混じることはしばしばあるようです。

ちなみに、「日本人」は「リップンラン」です。台湾のご年配の方と話すときは役に立つかもしれませんよ。

お年寄りは台湾語しか通じない場合も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市にある外国語教室にて一昨年、講師として勤めるアメリカ籍の女性が妊娠したことを理由に雇用契約…
  2. YouTubeチャンネル「Tolta round the world」が10月末に制作した台湾を…
  3. 台北地方検察署は11月5日(火)、市警察局文山第一分局に勤める46歳の男を、恐喝及び詐欺罪で起訴…
PAGE TOP