鉄道運転士に薬物検査 2人が陽性、再検査も

台湾鉄道は11月9日(金)、乗務員に対する薬物検査を実施。その結果、運転士2人の尿から陽性反応が出たことがわかった。
 
今回の検査は、10月に起きた脱線事故の運転士が、過去に薬物使用の摘発歴があったことを受け実施。しかしながら約10人が検査前後に風邪薬を服用、誤反応の可能性も否定できないとして再検査を予定。不合格の場合は停職、再検査で陰性反応だった場合は職務に復帰させるという。
 
(11月18日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 過去34年間に24人の居住者が亡くなっている台北市中山区のマンションで、近年売買取引が活発化して…
  2. 桃園市政府経済發展局は、一般家庭の新型家電買い替えに1台当たり最高で3000元の補助金を給付する…
  3. 近頃ネット上でエバー航空の客室乗務員がオランダで売春行為をしているとの噂が流布されている件で、桃…
PAGE TOP