鉄道運転士に薬物検査 2人が陽性、再検査も

台湾鉄道は11月9日(金)、乗務員に対する薬物検査を実施。その結果、運転士2人の尿から陽性反応が出たことがわかった。
 
今回の検査は、10月に起きた脱線事故の運転士が、過去に薬物使用の摘発歴があったことを受け実施。しかしながら約10人が検査前後に風邪薬を服用、誤反応の可能性も否定できないとして再検査を予定。不合格の場合は停職、再検査で陰性反応だった場合は職務に復帰させるという。
 
(11月18日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北地方検察署は11月5日(火)、市警察局文山第一分局に勤める46歳の男を、恐喝及び詐欺罪で起訴…
  2. 南投縣の山間に本部を置くカルト教団「中華白陽四貴霊寶聖道会」が今年9月、教育と称し信者の集団虐待…
  3. イタリア仕込みの本格ピザ六張犁駅から徒歩10分のショッピングモール「遠企購物中心」近く、隠れ…
PAGE TOP