蘭嶼の先住民・タオ族 核廃棄物移設訴え行動

 

「台湾原住民の日」に当たる8月1日(火)、台東縣に属する島・蘭嶼に住む青年グループが、核廃棄物貯蔵施設前にて移設を訴える運動を行った。

蘭嶼は台湾先住民族であるタオ族4000人が暮らす島。同施設は1982年に台湾電力が設置、96年に住民の反対運動が起きて以来放射性廃棄物の搬入は停止された。青年らは「移設の時期を明確に」、「うやむやにはさせない」などの主張とともに、政府の謝罪を拒否した。

(8月1日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市警察は4月16日(月)、新北市土城区にてアンフェタミンなど覚醒剤を精製する…
  2. 台北市最大の観光夜市「士林夜市」内のカットフルーツ店でフルーツ7袋を1500元に…
  3. 屏東縣政府民政處によると、今年3月末時点の縣人口が昨年12月末より約1000人減…
PAGE TOP