蘭嶼の先住民・タオ族 核廃棄物移設訴え行動

 

「台湾原住民の日」に当たる8月1日(火)、台東縣に属する島・蘭嶼に住む青年グループが、核廃棄物貯蔵施設前にて移設を訴える運動を行った。

蘭嶼は台湾先住民族であるタオ族4000人が暮らす島。同施設は1982年に台湾電力が設置、96年に住民の反対運動が起きて以来放射性廃棄物の搬入は停止された。青年らは「移設の時期を明確に」、「うやむやにはさせない」などの主張とともに、政府の謝罪を拒否した。

(8月1日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市で2歳の女児が7月5日(金)夜、親が目を離した隙にタブレット端末で動画を見ながら自宅を離れ…
  2. 行政院院長・蘇貞昌が近頃、殉職した警察官の葬儀に参列した際、芳名帳に記入した後ペンを投げ捨てたと…
  3. エバー航空の客室乗務員らによるストライキが、7月9日(火)24時をもって終結。同日22時過ぎには…
PAGE TOP