蘭嶼の先住民・タオ族 核廃棄物移設訴え行動

 

「台湾原住民の日」に当たる8月1日(火)、台東縣に属する島・蘭嶼に住む青年グループが、核廃棄物貯蔵施設前にて移設を訴える運動を行った。

蘭嶼は台湾先住民族であるタオ族4000人が暮らす島。同施設は1982年に台湾電力が設置、96年に住民の反対運動が起きて以来放射性廃棄物の搬入は停止された。青年らは「移設の時期を明確に」、「うやむやにはさせない」などの主張とともに、政府の謝罪を拒否した。

(8月1日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. Facebook上のページ「爆廢公社」にて、11月12日(火)、山中の渓流で登山者が投げ捨てたゴ…
  2. 嘉義縣の呉鳳科技大学餐旅管理科3年の女子学生2人が、近頃韓国の釜山で行われた「韓国国際技能人コン…
  3. 台中市中区のアパートで母子3人の遺体が見つかった件で、検察は11月11日(月)、被害者3人の解剖…
PAGE TOP