老舗の朝食店値上げ メニュー数は減少へ

 

台北市中正区にある朝食店が、1月1日(月)より11年間据え置きだった商品価格を引き上げ、常連客らに不満が広がっている。

同店は老舗の有名店で、100元で饅頭やビーフン、野菜炒め、お粥など朝食メニューを食べ放題としている。しかしながらこの度30元の値上げとメニューの縮小が発覚し、近隣に住む常連客らは不満を訴えた。これに対し店側は「近年人件費がかさむようになり、毎月20万元の損失を抱えている」と主張。値上げによりやっと損益分岐点に達するとして、消費者に理解を求めた。

台湾ではコスト上昇に苦しむ老舗店が、閉店または値上げするケースが増えている。

(1月1日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 東京渋谷区に本社を置く株式会社アトレが1月10日(木)、台北市信義区の商業施設「Breeze南山…
  2. 台湾農業委員会は近頃、ブタの死骸が遺棄される案件が多発しており、昨年12月19日(火)から1月8…
  3. 台湾鉄道局は1月9日(水)0時より、春節期間中の東部鉄道チケットを発売。販売開始1分で14万60…
PAGE TOP