空港検査員が荷物壊す 作者の学生泣き崩れる

桃園空港で10月30日(火)、機内持ち込み手荷物の検査時に検査員が誤って乗客の手荷物である飴細工作品を壊してしまうという出来事があった。

飴細工は学生による作品で、10日間をかけ徹夜状態で制作したもの。学生は韓国のコンテストに出品するため、受託荷物には入れず作品を置くため1席分のチケットを購入していた。検査時、学生は作品が壊れやすいため自身の手で検査台へ乗せると申し出たが検査員はこれを拒否、自ら飴細工を持ち上げ検査台に乗せたところ壊れたという。

検査員は謝罪したものの、作品が壊れたのを見た学生はその場で泣き崩れ、航空警察局は2万元の和解金を申し出ているという。

 

(10月23日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 公式発表では80慢人を動員したとされる高雄市の年越しカウントダウンイベント会場で、パパイヤミルク…
  2. 東京渋谷区に本社を置く株式会社アトレが1月10日(木)、台北市信義区の商業施設「Breeze南山…
  3. 台湾農業委員会は近頃、ブタの死骸が遺棄される案件が多発しており、昨年12月19日(火)から1月8…
PAGE TOP