小学校の高額な制服 市議会で一石投じる

 

高雄市三民区にある小学校で、学校指定の制服が一式4000元余りと高額であることから、同市議員・童燕珍は5月16日(水)、市議会にて疑問をぶつけた。

学校側は「制服購入に関しては自由であり家長の判断に委ねるが、制服着用により子どもが将来的に役立つ社会規範を英才的に教えることができる」と主張。これに対し同市議は「河堤國小は私立ではない、制服のない学校は規範を学べないのか」と反論した。

また新北市土城にある幼稚園の生徒が、近頃海外へ修学旅行に出かける姿を空港で目撃され「貴族中の貴族校」などと揶揄されている。

(5月15日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 過去34年間に24人の居住者が亡くなっている台北市中山区のマンションで、近年売買取引が活発化して…
  2. 桃園市政府経済發展局は、一般家庭の新型家電買い替えに1台当たり最高で3000元の補助金を給付する…
  3. 近頃ネット上でエバー航空の客室乗務員がオランダで売春行為をしているとの噂が流布されている件で、桃…
PAGE TOP