台湾と日本に大型台風が襲来 台風休みで娯楽施設が混雑

台湾では8月8日(木)から9日(金)にかけ、台風9号「レキマー」が接近。8日(木)午後は中南部が、9日(金)は台北・新北市を含む北部7市縣が台風休み(颱風假)となった。
台風休みを発令する基準として、4時間以内に台風の通過により暴風域半径に入る地域で、平均風力が時速50~60㌔の7級以上、また突風の風力が90~100㌔の10級に及ぶこと、24時間の累積降雨量が200~350㍉(地域により異なる)に達することが挙げられる。
休暇当日、桃園市では土砂崩れが発生し一部通行止め、また台北などで7万戸以上が停電したが都市部では風力、雨量とも予想を下回る結果となり、ショッピングモールや映画館などが大混雑し〝誤判断〟という批判の声も聴かれた。
また台南市など南部では13日(火)・14日(水)にかけ10号「クローサ」の影響で休みとなった。
(8月14日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台中市豊原区の書店「三民書局」が9月30日(月)をもって閉店することを発表していた件で、近頃店舗…
  2. 日本や韓国などのTV放送や映画を違法に視聴できるストリーミング視聴機器「QBOX(千尋盒子)」が…
  3. 夏バテからの回復今日はちょっと大人数で食事ってことになったので、そんな時こそ…
PAGE TOP