【今週もゴチになります】ベジテジや-サムギョプサル専門店-

包まぬ豚はただの豚

忠孝復興駅から徒歩5分、微風広場裏手にある「ベジテジや」は、焼いた豚バラをサンチュに包んで食べる「サムギョプサル」の専門店。かわいらしい豚の足跡を配したフロア、インテリアはポップアートで彩られ、連日女性客が多く訪れる。

〝包まぬ豚はただの豚〟がコンセプトの同店、30種類の「トッピング」(各49~69元)で、驚きの1万通り以上の包み方ができるのが特徴。スタッフは全員「サムギョプサルの伝道師」として、肉を焼きながら3種のタレやトッピングのオススメの組み合わせを説明してくれる。

さあ伝道師デビュー

今回、ジャピオン読者のため特別に編成してくれたコースは、包み野菜(無農薬サンチュ、エゴマ)食べ放題にセンサムギョプサルとデッペサムギョプサル、旨ダレカルビが2皿ずつ、チーズフォンデュ、トッピング3種、海鮮豆腐チゲ、〆の済州ご飯(鉄板ビビンバ)までを含む超豪華なセット。同店名物、厚切りのセンサムギョプサルは焦げ目がつくまで香ばしく焼き、辛味噌やニンニク、ナムルとともにエゴマの葉で包めばそこはもう韓国。薄切りのテッペサムギョプサルはチーズの中でフォンデュにしてもよし、焼いてからチーズを絡めキムチを添えてもよし。店長イチ押しのトッピングはチーズ、納豆、韓国海苔など、包み方はエンドレス。様々な新体験を味わおう。

またドリンクはビールに芋・麦焼酎、ハイボール、ワイン、サワー、マッコリとソフトドリンクまで30種以上が飲み放題。お気に入りの包み方を発見したら、誰かに教えたくなるはず。これであなたも、「サムギョプサル伝道師」デビューだ!

Info

住所 松山区八徳路二段410巷16弄8號

TEL (02) 2778-8055

営業時間 17時~24時(ラストオーダー23時)

席数 70席

予算 700元

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1.  台北市大安区の広東料理レストランが、ミシュランガイドの審査基準が不明瞭だとして調査員の訪問を拒否、…
  2. 説明しよう! 「必勝日本」は中国語では「日本に必ず勝つ」という意味である! 中国語では、基本的に目…
  3.  血糖値をコントロールする糖尿病の治療薬「易週糖」をダイエット目的で使用する人が増加、世界的に品薄と…
PAGE TOP