相次ぐ「三倍券」の偽造事件 犯行グループ摘発、精度低く

雲林縣警と検察は、近頃全国的に発生している経済振興クーポン、通称「三倍券」の偽造事件に関し、偽造ググループを摘発。主犯は偽造紙幣の累犯者だった。

中央銀行発行局の施遵驊・局長は8月17日(月)、金券の真偽鑑定の結果、偽造された三倍券の水準は非常に低く、一見して偽物とわかると話した。三倍券は中央印製廠が設計し、短期間で2200万部の印刷までを請け負った。一般の紙幣とは異なるものの偽造防止措置は備えており、その点今回の偽造技術は非常に低レベルなものだったという。

施局長によると真偽の区別には、見る、触る、回すの3つのポイントがあり、光に当てると左下の隅に額面の数字が浮き上がり、90度転回させると色が反転する。また紫外線照射で発色する特殊加工、印刷面にはエンボス加工があり、触れば凹凸を感じられるほか、傾けると左上に印刷された額面の数字の色が変わるという。

(8月17日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港の関係者らの間で発生した新型コロナウイルスのクラスターが、さらに拡大している。中央流行感…
  2. デパート・モール 微風 新光三越 遠東百貨 誠品 その他…
  3. 飲食・美容(エリア別) 台北駅/中山/南京東路 古亭/台電大樓/公館…
PAGE TOP