10歳のポケモンマスター 世界大会で優勝、凱旋帰国

アメリカのワシントンD.C.で8月16日(金)~18日(日)に行われた「2019 ポケモン・ワールド・チャンピオンシップ(PWCS)」ゲーム部門ジュニアディヴィジョンにて、台湾人の10歳の少年が優勝した。
PWCSは2009年から行われており、各地域での予選を勝ち抜いた猛者がワシントンD.C.での本選に出場できる。少年は台北市の小学校に通う呉比くん。「奨学金」として1万㌦とトロフィー、次回の出場権が贈られた。帰国した際空港での取材に対し、呉比くんは「優勝を通じて世界中が僕たちの国に注目してくれたら」と話した。
(8月20日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港の関係者らの間で発生した新型コロナウイルスのクラスターを受け、中央流行感染症指揮センター…
  2. ユニークなドラム缶焼肉本店は韓国・ソウルにある創業68年の老舗焼肉店が、初の海外支店…
  3. 1 オミクロン株感染者の入国続く 帰省ピークは16日2 聯合医院中興院区の看護師2名が感染、…
PAGE TOP