10歳のポケモンマスター 世界大会で優勝、凱旋帰国

アメリカのワシントンD.C.で8月16日(金)~18日(日)に行われた「2019 ポケモン・ワールド・チャンピオンシップ(PWCS)」ゲーム部門ジュニアディヴィジョンにて、台湾人の10歳の少年が優勝した。
PWCSは2009年から行われており、各地域での予選を勝ち抜いた猛者がワシントンD.C.での本選に出場できる。少年は台北市の小学校に通う呉比くん。「奨学金」として1万㌦とトロフィー、次回の出場権が贈られた。帰国した際空港での取材に対し、呉比くんは「優勝を通じて世界中が僕たちの国に注目してくれたら」と話した。
(8月20日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 近頃「マスクの次はトイレットペーパーが品薄になる」との噂が拡散し、トイレットペーパーの買い占めが起き…
  2. 問近頃、台北のパン屋さんやドリンクスタンドで、品物を入れる袋が急…
  3. 問人の入れ替わりがあり、何かと挨拶に行くことが多いこの時期。台湾…
PAGE TOP