1月の平均気温過去5位 地球規模の温暖化が加速

中央気象局気象科技中心主任・鄭明典氏は2月21日(水)、今年1月の平均気温が138年間で5番目に高かったことを公表した。

氏によると、1月は寒気団の到来による低温も発生したものの、地球規模で見るととりわけ北半球で観測史上6番目の高温を記録したという。また「アメリカ海洋大気庁(NOAA)」が公布した2018年1月の地球平均気温は12.71度で、長期平均気温よりも0.71度高かった。長期観測データによると、1月の平均気温は10年ごとに0.07度上昇しているが、1975年以降は0.14度。台湾の1月の平均気温は18.15度で、長期平均気温17.41度と比較し0.73度高かった。

(2月21日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台南市の花園夜市で、少女が深夜まで菓子を売る姿が目撃され、議論を醸している。ある女性が11月…
  2. 経済部は11月16日(月)、第4季困窮者対策として、製造業及び技術サービス業労働者への給与と運営資金…
  3. 痛みに弱い私でも程よいと感じるギリギリの効果あり施術普段パソコンやタ…
PAGE TOP