日本でレンタカー利用 運転時の注意貼り出し

台湾人旅行者が日本を訪れ、現地でレンタカーを利用した際ハンドル部分に貼り付けた〝注意表示〟がネット上で注目を集めている。
周知の通り台湾では車両は右側走行であるのに対し、日本は左側走行。投稿された写真では、ハンドルの中央部分に交差点の図が書かれ、道路の左端を走る車両の絵と右折時に「左を見る(看左)」など注意点が書き込まれている。またハンドル両サイドのウインカーとワイパーの設置場所が逆であることをリマインドする標示も書かれていた。
なおコメントによるとこれはレンタカー会社スタッフの配慮によるもので、外国人に貸し出す際貼り付けているという。
(8月20日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. スターラックス航空(星宇航空)は7月27日(月)、この夏に桃園発澎湖、金門、台東線のチャーター便を運…
  2. 桃園市中壢区にある公共プールで、7月25日(土)、男性が子どもの首をつかみ水の中に押し込む様子が目撃…
  3. マスクなど医療用品を製造・販売する「csd中衛」が、8月1日(土)より込めディズニーのアニメ映画「ア…
PAGE TOP