日本でレンタカー利用 運転時の注意貼り出し

台湾人旅行者が日本を訪れ、現地でレンタカーを利用した際ハンドル部分に貼り付けた〝注意表示〟がネット上で注目を集めている。
周知の通り台湾では車両は右側走行であるのに対し、日本は左側走行。投稿された写真では、ハンドルの中央部分に交差点の図が書かれ、道路の左端を走る車両の絵と右折時に「左を見る(看左)」など注意点が書き込まれている。またハンドル両サイドのウインカーとワイパーの設置場所が逆であることをリマインドする標示も書かれていた。
なおコメントによるとこれはレンタカー会社スタッフの配慮によるもので、外国人に貸し出す際貼り付けているという。
(8月20日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 飽きの来ない品揃え「松江南京」駅から徒歩5分、オフィスビルと美食店が林立する四平街に…
  2. 先週のニュース トップ51 師範大学生、渡航歴なしも感染発覚 13人隔離へ&nbsp…
  3. 台湾のベテラン女優・譚艾珍の娘が3月25日(水)、妊婦検診のため台湾に帰国することを事前にネット上で…
PAGE TOP