同姓同名に電話も同じ 配達物持ち去りの偶然

Facebook上の掲示板「爆廢公社」にて、8月26日(月)ネットショッピングで購入した商品を受け取りにコンビニを訪れた女性が、同姓同名の人物に荷物を持ち帰られていたことを投稿。掲示板上では奇跡のような偶然の不運に同情する声と驚きの声が挙がっている。
コンビニでの配達物受け取りにはまず登録した携帯電話番号の下3桁を伝え、本人確認のため氏名を告げる必要がある。女性も同様の手続きを踏んだとみられるが、荷物はすでに持ち去られていた。女性によると荷物が持ち去られたのは2度目で「着払いだったのが幸い、先に支払っていたら危なかった」とコメントしている。
(8月27日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 中央流行感染症指揮センターは7月3日(金)に台湾を経由し香港へ渡ったフィリピン籍の乗客が香港で新型コ…
  2. 本場スペインバル今年5月、オープン2周年を迎えた「カサ・デ・アミーゴス」は、スペイン…
  3. 先週のニュース トップ51 新東陽の工場に抜き打ち検査 「魚鬆」原料に虚…
PAGE TOP