ダフ屋がチケット販売 被害額10万元超に

 

昨年10月に台北市で行われた韓国アイドルグループのコンサートに際し、ネット上で偽物のチケットを販売し5人から5万元余りを騙し取った疑いで、台北市地方検察處は1月17日(水)、犯人の男を起訴した。

検察によるとこの男はこれまでにも複数回に渡りダフ屋行為にて偽物のチケットを販売しており、すでに2件で起訴、今回は3件目となる。被害は20人、10万元超にのぼり、この2件に関しては法廷で審理中。

韓国アイドル、キム・ソヒョンのファンミーティングでは3人からチケット代の半額を前金として受け取り、チケットを渡さなかった。10月のBTS防弾少年團コンサートでは盗撮したほかの客のチケット写真をネット上にアップし、4800、6800元のチところ12100元、14500元にて販売した。

(1月17日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市信義区の幼稚園で昨年8月、教員の男による児童への猥褻行為が発覚したものの「児童・少年福利権益保…
  2. ドリンクチェーン「可不可熟成紅茶」新竹關埔店で7月14日(日)夜、閉店間際にデリバリーのオーダーが入…
  3. 芸術劇団「玩勮工廠(Toy Factory)」が9月7日(土)~29日(日)、ミュージカル「百舌(M…
PAGE TOP