ダフ屋がチケット販売 被害額10万元超に

 

昨年10月に台北市で行われた韓国アイドルグループのコンサートに際し、ネット上で偽物のチケットを販売し5人から5万元余りを騙し取った疑いで、台北市地方検察處は1月17日(水)、犯人の男を起訴した。

検察によるとこの男はこれまでにも複数回に渡りダフ屋行為にて偽物のチケットを販売しており、すでに2件で起訴、今回は3件目となる。被害は20人、10万元超にのぼり、この2件に関しては法廷で審理中。

韓国アイドル、キム・ソヒョンのファンミーティングでは3人からチケット代の半額を前金として受け取り、チケットを渡さなかった。10月のBTS防弾少年團コンサートでは盗撮したほかの客のチケット写真をネット上にアップし、4800、6800元のチところ12100元、14500元にて販売した。

(1月17日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市亀山区にある障がい者福祉施設の職員に対し、桃園客運のバス運転手が暴言を放った件で、交通局長は3…
  2. アメリカのトランプ大統領が新型コロナウイルスの呼称を「中国ウイルス」などと発言したことを受け、アメリ…
  3. 中央流行疫病情況指揮センターが3月19日(木)より外国人の入境を禁じたことを受け、桃園空港では同日早…
PAGE TOP