環境汚染の状況悪化 焼香減に工場操業停止

 

最近の大気汚染深刻化を受け、台北市信義区の寺院「松山奉天宮」では焼香量を減らす「減香封爐」対策を実施している。

同寺院では現在の香炉6座を2座に減らし、参拝者の焼香も6本から2本へ、線香の長さは1.6呎(約49cm)を1.3呎(約39.6cm)と短くした。

また中国江蘇省昆山市は12月25日(月)、市内を流れる呉淞江の水質調査の結果、沿岸流域にある3企業に対し、即日から3週間の操業停止を命じた。現地台湾企業によると、およそ270社に影響するという。昆山市政府は緊急会議を開き、操業停止令の一時延期も議論されたが、現在のところ1月10日(水)まで実施される見込み。

(12月26日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 今年4月、保育士による窒息死事件があった台北市の保育所「我們的連鎖托嬰中心」内湖分園が、近頃名称…
  2. 高雄市で2歳の女児が7月5日(金)夜、親が目を離した隙にタブレット端末で動画を見ながら自宅を離れ…
  3. 行政院院長・蘇貞昌が近頃、殉職した警察官の葬儀に参列した際、芳名帳に記入した後ペンを投げ捨てたと…
PAGE TOP