【トリビア~ン台湾】Vol.33 日本とは違う台湾の結婚式マナー

台湾人の結婚式に参加した日本人の友人が、自分だけドレスアップしすぎて恥ずかしかったと言っていました。

どんな格好ならいいのでしょうか?

式場によって様々なケースがありますね。

場合によっては日本と同じようにヘアセットをして、パーティードレスを着て行ったら主役になってしまうかもしれません。

 

<解説>

前々回、紅包の件がありましたね。結婚式にまつわるエピソードには、ほかにもおもしろいことがたくさんあります。

例えば、服装です。

レストランなどで行う場合はかなりカジュアル。

女性はカジュアルワンピース、男性はスーツの方ももちろんいますが、なんとTシャツにジーンズなんて方も! キャップを被った人もいますよ。

一方、会場がホテルなどわりと正式な場所の場合は、きちんとドレスアップします。

お洒落しすぎも考えものですので、紅包同様、友人に相談してみるのがいいでしょう。

 

主役以外はほぼ普段通りのことも。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 南投縣仁愛鄉法治村の武界溪ダムで9月13日(日)早朝4時頃、突然の放水により下流でキャンプをしていた…
  2. 料理を美味しく見せるには! ズバリ食器の色にも関係があります。特に和食では、一種類ずつ小皿に…
  3. 財政部関務署によると、今年の元旦から9月14日(月)までに押収した「メイド・イン台湾(MIT)」偽装…
PAGE TOP