ピンク色マスクで会見 「素晴らしい性平等教育」

中央流行疫病情況指揮センターの陳指揮官らが4月13日(月)の記者会見の際、ピンク色のマスクを着用して登壇した。

これは市民による「男児がピンク色のマスク着用を嫌がる」という声を受けたもの。男児はピンク色のマスクを同級生らにからかわれることを恐れ嫌がったという。陳指揮官は「マスクはどれも同じ。ピンクも悪くない。私が幼かった頃はアニメの『ピンクパンサー』が流行っていてピンクは人気の色だった」と話した。

指揮官の行動は「すばらしい性平等教育」と好評で、蘇貞昌行政院長と秘書長、教育部長らもピンク色のマスクを着用するなど陳指揮官の行動に呼応する動きが続いている。

(4月14日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 長期に渡り国外に滞在している国民が、少額の健康保険料のみを支払い医療サービスを受けている件について、…
  2. 頭から足までスッキリ仕事から直行もOK台北駅から徒歩圏内でアクセス抜…
  3. 高雄市林園区に住む40歳代の女性が中国から帰国後、自宅隔離期間中の9月21日(月)に遺体で見つかった…
PAGE TOP