同性愛隠し結婚の男性 愛人作り離婚、妻が告訴

台南市に住む女性が、近頃夫の不倫相手である男性を相手取り10万元の賠償を求め告訴するという出来事があった。
夫妻は2017年に結婚、その後夫は自らと同様に女性と結婚し子どものいる男性と知り合い、不倫関係に発展。妻は2人がホテルにいる現場を押さえたが、夫は「妻と恋人のどちらも大切」と主張、妻はこれを受け入れられず昨年8月に離婚した。離婚に際し妻は夫から38万元の慰謝料を受け取っていたが、今回は相手の男性が配偶者としての権利を脅かしたとして男性を告訴、台南地方法院民事合議庭は男性2人に女性への賠償責任があるとして支払いを命じた。
(6月4日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 世界各地で新型コロナウイルス(covid-19)の感染が進む中、台湾児童感染症医学会理事長の李秉穎氏…
  2. 仏仕込みの本格ケーキ大直駅から徒歩8分、昔ながらのアパート「公寓」が立ち並ぶ大直街沿…
  3. 横浜港に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」の乗客の間で新型コロナウイルス(COVID-…
PAGE TOP