【トリビア~ン台湾】Vol.47 店員の呼び方

店員さんがよく「帥哥(shuài gē)」や「美女(měi nǚ)」と人を呼ぶのを見かけますが、相手が美しく(かっこよく)なくても使っていいのですか?

台湾のお店では、お客さんを「帥哥(イケメン)」や「美女(美人)」と呼ぶことは普通です。マナーなので、むしろ使うべきと言えるでしょう。

<解説>

「帥哥」や「美女」は本来褒め言葉でしたが、転じて商売人が客に対し使う言葉になりました。つまりここで言う帥哥や美女は、実際に見目麗しいかどうかよりも、お客さんへの挨拶みたいなものと考えていいでしょう。

このように褒められたら誰でもうれしくなりますよね。機嫌も良くなり、商品もよく売れるだろうと期待して呼ぶものです。反対に、安く売って欲しい場合には店員さんに対して使うこともできます。今度買い物の時、言ってみてはいかがでしょう?

市場では積極的に「美女~」とおねだり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市で2歳の女児が7月5日(金)夜、親が目を離した隙にタブレット端末で動画を見ながら自宅を離れ…
  2. 行政院院長・蘇貞昌が近頃、殉職した警察官の葬儀に参列した際、芳名帳に記入した後ペンを投げ捨てたと…
  3. エバー航空の客室乗務員らによるストライキが、7月9日(火)24時をもって終結。同日22時過ぎには…
PAGE TOP