【トリビア~ン台湾】Vol.47 店員の呼び方

店員さんがよく「帥哥(shuài gē)」や「美女(měi nǚ)」と人を呼ぶのを見かけますが、相手が美しく(かっこよく)なくても使っていいのですか?

台湾のお店では、お客さんを「帥哥(イケメン)」や「美女(美人)」と呼ぶことは普通です。マナーなので、むしろ使うべきと言えるでしょう。

<解説>

「帥哥」や「美女」は本来褒め言葉でしたが、転じて商売人が客に対し使う言葉になりました。つまりここで言う帥哥や美女は、実際に見目麗しいかどうかよりも、お客さんへの挨拶みたいなものと考えていいでしょう。

このように褒められたら誰でもうれしくなりますよね。機嫌も良くなり、商品もよく売れるだろうと期待して呼ぶものです。反対に、安く売って欲しい場合には店員さんに対して使うこともできます。今度買い物の時、言ってみてはいかがでしょう?

市場では積極的に「美女~」とおねだり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 地元新聞「聯合報」に、9月11日(水)、夫の不倫相手を糾弾する広告が掲載され、物議を醸している。…
  2. 総統選への出馬を表明している高雄市長の韓國瑜氏が9月8日(日)、新北市の大台北都会公園にてプロモ…
  3. 台湾内政部は9月11日(水)、最新の「簡易生命表」を公布。これによると、昨年の台湾における平均寿…
PAGE TOP