【トリビア~ン台湾】Vol.39 麺線

日本に住む台湾人の友人に、台湾料理のオススメを聞いたところ「オアミソァ」とのお返事! 一体どんなものなのでしょう…?

「オア」は台湾語で牡蠣のこと。「ミソァ」は麵線(ミエンシエン)といって、ソーメンのようなものです。牡蠣いり煮込み素麺ですね。

<解説>

「オアミソァ」は朝から昼にかけて食べる台湾の民族伝統日常料理で、屋台で売られていることが多いです。牡蠣のほかに煮込んでぶつ切りにしたホルモンも入っています。それに香菜とニンニクオロシをぶっ掛けて、レンゲで食べます。麵といってもとても柔らかく、短いので箸よりレンゲなんですね。ホルモンが嫌いな人は抜くこともできます。ほかに、タロイモのことも「オア」といい、発音が似ているので要注意。麺線は「ウア」のほうが近いかもしれませんね。

かつお出汁が効いて、日本人にも馴染みやすい味

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市で2歳の女児が7月5日(金)夜、親が目を離した隙にタブレット端末で動画を見ながら自宅を離れ…
  2. 行政院院長・蘇貞昌が近頃、殉職した警察官の葬儀に参列した際、芳名帳に記入した後ペンを投げ捨てたと…
  3. エバー航空の客室乗務員らによるストライキが、7月9日(火)24時をもって終結。同日22時過ぎには…
PAGE TOP