【トリビア~ン台湾】Vol.39 麺線

日本に住む台湾人の友人に、台湾料理のオススメを聞いたところ「オアミソァ」とのお返事! 一体どんなものなのでしょう…?

「オア」は台湾語で牡蠣のこと。「ミソァ」は麵線(ミエンシエン)といって、ソーメンのようなものです。牡蠣いり煮込み素麺ですね。

<解説>

「オアミソァ」は朝から昼にかけて食べる台湾の民族伝統日常料理で、屋台で売られていることが多いです。牡蠣のほかに煮込んでぶつ切りにしたホルモンも入っています。それに香菜とニンニクオロシをぶっ掛けて、レンゲで食べます。麵といってもとても柔らかく、短いので箸よりレンゲなんですね。ホルモンが嫌いな人は抜くこともできます。ほかに、タロイモのことも「オア」といい、発音が似ているので要注意。麺線は「ウア」のほうが近いかもしれませんね。

かつお出汁が効いて、日本人にも馴染みやすい味

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市の客室乗務員組合「空服員職業工會」は5月13日(月)よりストの可否を問う投票を開始。初日に…
  2. 高雄市橋頭地方検察署は5月14日(火)、3歳の女児が今年1月ガソリンスタンドの高圧空気入れによる…
  3. 広島的ソウルフード六張犁駅から徒歩10分、裏路地に佇む鉄板居酒屋「鐵匠」。広島出身の一代目と…
PAGE TOP