【トリビア~ン台湾】Vol.32 食事のマナー

台湾の人は食事の際、箸とレンゲの使い方がすごく上手だなといつも感じます。使い方などに決まりがあるのでしょうか?

台湾を含む中華圏の食事文化では、お皿を持ちあげることはタブーとされています。ですので、箸をサポートする形でレンゲが使われるのでしょうね。

<解説>

ちょっと高級な中華系のレストランに行くと、自席中央にいくつかの取り皿が、右側に箸とレンゲが置かれていることが多いですね。レンゲは少し深めの小鉢に添えられ前方に置かれていることもあります。

正式なマナーとしては、取り皿や麺類の器に口をつけて食事するのは不作法。また、ご飯類もタレや餡がかかっていて、箸だけでは食べにくい料理が多いです。そのため、箸とレンゲを器用に使って食事する人がほとんどですね。初めは戸惑うかもしれませんが、慣れてくると案外便利ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 過去34年間に24人の居住者が亡くなっている台北市中山区のマンションで、近年売買取引が活発化して…
  2. 桃園市政府経済發展局は、一般家庭の新型家電買い替えに1台当たり最高で3000元の補助金を給付する…
  3. 近頃ネット上でエバー航空の客室乗務員がオランダで売春行為をしているとの噂が流布されている件で、桃…
PAGE TOP