【ジャピュラン☆ガイド】第7回 御廚房精緻雲吞料理

行きつけローカル食堂

「たまにはジャピュラン行って来てよ」と言われ1軒紹介してから早半年…いつのまにやら年跨いじゃってましたね。さすがにそろそろ紹介しないと(オレの)存在が忘れられそうなんで、行きつけの店からまた1つ。

前回は複数人向けのお店だったので、今回は1人でも行ける典型的な中華を。あちこちにあって、地元民に愛される、日本人にはあまりなじみがないかも? な食堂。店内では、客がいても片隅でスタッフが野菜を切ったり仕込みをしている。ゆる~い台湾のローカルレストランの雰囲気を存分に味わえます。

大好きチャーハン

さーて何を頼もうかな。まずはやっぱり、日本人ならみんな大好きチャーハン! 濃い目の味付けにパラパラご飯、そして量がガッツリ。オレも今までいろんなとこで食べたけど、ここのはマジ絶品なんす。お気に入りの「肉絲蛋炒飯」(90元)は肉も多めで絶妙な塩加減、レンゲですくってひと口食べたらもう止まんない。かつボリューミーなのが働く男子にはうれしいっすよね~。流行語を借りると「半端ないって」って感じ?

いつも一緒に頼むのは野菜スープ「青菜湯」(30元)なんすけど、今日はガッツリいくと決めてるんで、この店のもう1つのウリ、ワンタンがたっぷり入った「鮮蝦大雲吞湯」(50元)一択で。薄手の皮にはち切れんばかりの蝦肉がみっちり。これもいくらでもいけて、先に腹がはち切れそうっす。

今日は無理だけど、さらに麺を入れた「鮮蝦大雲吞湯麺」(80元)、乾麺とワンタンに特製ダレをかけた「菜肉大雲吞撈麵」(80元)も人気っす。これを頼むと炒飯が食べられなくなるのが悩ましい…。

残念ながら、アクセス◎の京站前店が閉店しちゃったんすよね。でもご心配なく! 西門や北門にも店舗があるんす。ザ・ローカル食堂の味が恋しくなったら行ってみてくださいね。オレを誘ってくれてもいいっすよ!

info

住所 大同区長安西路285號

TEL 02-2559-6332

営業時間 10時~21時

席数 約25席

予算 約100元

エリア 北門

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 日本統治時代の台湾で抗日闘争「霧社事件」の犠牲者を追悼する式典を前に、闘争を率いたセデック族の頭…
  2. 2023年の竣工が見込まれる桃園国際空港第3ターミナルの建設工事に関し、交通部長・林佳龍氏は空港…
  3. フードデリバリースタッフによる交通事故が相次いでいる件で、台北市労働局は10月15日(火)、事故…
PAGE TOP