【今週もゴチになります】居酒屋バル 桃之木 ―レストラン・パブ―

南京復興の穴場バル

MRT南京復興駅から徒歩5分、遼寧路にある「桃之木」は、昨年12月に大安から移転したばかり。日本酒やワイン、ビール、ハイボールなどアルコールメニューが豊富に揃い、日本人オーナーシェフのKAZUさんが腕を振るう和食とスパニッシュをミックスしたメニューを楽しめるバルだ。

日本で工場の設計図面を引く仕事をしていたKAZUさん。台湾人女性との結婚、移住を機に台北に移り住み、バルをオープンしたという異色の経歴の持ち主だった。

愛と笑顔で育む桃

「どこかで食べておいしかった味を思い出しながら、試行錯誤を繰り返してメニューにできた」のは「さんまのから揚げ」(220元)。どんなお酒にも合う万能選手で、大人気の一品だ。アペタイザーに忘れてはいけない「砂ずりのコンフィ」(189元)もワインや日本酒がしっくりくる。トマトの輪切りを美しく重ねた「トマトタワー」(140元)はオリーブオイルベースの自家製ドレッシングを挟んで。お好みでローズソルトを少し加え、箸休めにオススメだ。

日本酒は「楯野川」(2100元/ボトル)など新潟産を中心に。KAZUさんの出身地、米と水のうまい三重の酒も用意しているので、気軽に尋ねてみよう。

「自分は職人気質じゃない」と謙虚なKAZUさん。お酒もアテも、おいしいと思ったものを柔軟に取り入れ「スペイン料理を作っても、どこか和の味が入るのがおもしろいかな」という。

こだわるのは「おいしいこと」と「楽しいこと」。店名は「MIKAさんが桃が好きだから」と、シンプルな愛が由来だった。仕事帰りや台北アリーナ、スタジアムを出て気軽に立ち寄りたい「桃之木」。一日の終わりを、いい気分にさせてくれる。

住所 中山区遼寧街109-1號

TEL 02-8772-1488

営業時間 18時~23時(ラストオーダー、日曜休み)

席数 28席

予算 700元~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市警察は4月16日(月)、新北市土城区にてアンフェタミンなど覚醒剤を精製する…
  2. 台北市最大の観光夜市「士林夜市」内のカットフルーツ店でフルーツ7袋を1500元に…
  3. 屏東縣政府民政處によると、今年3月末時点の縣人口が昨年12月末より約1000人減…
PAGE TOP