【今週もゴチになります】ANTICO FORNO —イタリアン—

ガンベロ・ロッソ掲載店

オープンして6年の本格イタリアン「アンティコ・フォルノ」。同店では各地方の伝統的な料理だけでなく、現代のトレンドも押さえている。オーナーシェフの呉さんは、十代の頃に出会った2人のイタリア人シェフの影響を受けこの道に入ったという。

同店は、イタリアのリストランテ格付けガイド「ガンベロ・ロッソ」に3年連続「ベストピザ」として掲載。それもそのはず、ローマで本場の味を学んだ呉オーナーは今でも、年に数回イタリアを訪れては各地を食べ歩き、研鑽を重ね、新メニューを持ち帰っているのだ。

プロセッコで陽気に乾杯

呉オーナー自慢のピザは生地にモッツアレラ・ナス・ドライトマトを乗せてから一度焼き、焼き上がりにブラティーナチーズやルッコラを添えた「ブラティーナ」(460元)。この〝二段かいトッピング〟は近年イタリアでも人気の手法だとか。中はモチッ、外はカリッと香ばしく焼き上げた生地、必ず味わっていただきたい一品だ。

またトリュフペーストと生トリュフのダブル使いをした「ソーセージトリュフクリームパスタ」(550元)には、ピエモンテ産ワイン「バルバレスコ・DOCG」(3000元/本)を合わせて。ワイン選びに迷ったら、イタリア人スタッフがオススメしてくれる。

ディナー限定で振る舞うスパークリングワイン「プロセッコ」は「前菜盛り合わせ」(800元)と一緒に乾杯を。イタリア産プロシュートやサラミ、グリル野菜、ブリー、ゴルゴンゾーラ、チーズに付けるオニオンジャムなど、イタリアの美食を詰め込んだひと皿に、軽い口当たりのプロセッコがディナーの幕開けにぴったりだ。

イタリア人も異郷の地・台湾で足繁く訪れる店で、イタリアらしい陽気な夜を。

Info

住所 大安区瑞安街141號

TEL 02-2706-3322

営業時間 12時~17時半、18時~22時(土・日曜は~15時、18時~22時、ラストオーダー各1時間前)

席数 45席

予算 ランチ500元、ディナー700元

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 先日結婚式を挙げた林志玲とAKIRAが出演する「三代目 J Soul Brothers」の新曲「…
  2. Netflixで配信中の台湾ドラマ「罪夢者(Nowhere Man)」の不評を受け、この度同社ア…
  3. 台中市后里区にあるテーマパーク「麗寶楽園」にて、近頃美しい紅葉の並木道が人気の撮影スポットとなっ…
PAGE TOP