【今週もゴチになります】おむすび本丸 日本精米所 —おむすび屋—

日本の母の味を再現

日本で暮らした5年間、よくおにぎりを作って食べていたというオーナー・NiNiさん。「外食が日常化した台湾で、日本のおふくろの味・おにぎりをリーズナブルに提供したい」と語る彼女は今年6月、大安駅から徒歩2分の好立地に「おむすび本丸 日本精米所」を開店させた。

正午になるとサラリーマンや学生で賑わう。そのお目当ては、もちろん12種類の握りたて「おにぎり」(各40元~/130㌘)だ。王道の鮭をはじめ、明太子、昆布などのほか、台湾でも親しみやすいようにと開発した混ぜご飯も好評。

人気ナンバーワンの「たまご明太」は、炒り玉子と明太子にネギを混ぜたオリジナリティ溢れる一品。またおかかおにぎりにとろけるチーズをのせた「チーズ焼きおかか」は、若者好み。日本でも大ヒットの天かすと青のり入り「悪魔のおにぎり」も見逃せない。

おにぎりの命でもある米は、日本産コシヒカリ×台農67号を掛け合わせ改良したものを使用。ふっくらツヤが出るよう、毎朝冷水に浸して炊くこだわりぶりだ。

バランス◎のおにぎり定食

定番メニューは「おにぎりとおかずセット」(75元~)。「卵焼き」、「きんぴら」など日本の母の味のほか、ジューシーな和風「唐揚げ」(30元/4個)プラスしてほっこりしよう。

ほかに定食もあり、今回ジャピオン限定で特価109元となる「秋の限定定食」は、塩むすび(80㌘×2個)に小鉢4品付き、メインには焼きサバまたは豚ロース焼きをチョイスできる。ボリュームアップしたい時は、シェフのオススメおにぎりに和牛握り寿司一貫、天ぷら5品付きの「本丸定食」(160元)を。すべてのセット、定食も味噌汁と麦茶がおかわり自由。体調を崩しやすい季節の変わり目、食べ慣れたヘルシーおにぎりで健康を取り戻そう!

Info

住所 大安区信義路四段30巷3號

TEL 02-2708-7357

営業時間 11時半~14時半、17時~21時(土曜11時~、日曜9時~、ラストオーダー20時)

席数 30席

予算 120~150元

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港で11月2日(土)14時頃、ベラルーシ籍の男が滑走路に侵入、離陸準備中の機体に潜伏し…
  2. 彰化縣鹿港鎮で毎年開催されるグルメイベント「鹿港廟口小吃宴」の受付が11月6日(水)8時半にスタ…
  3. 高雄市にある外国語教室にて一昨年、講師として勤めるアメリカ籍の女性が妊娠したことを理由に雇用契約…
PAGE TOP