【今週もゴチになります】紀どり —焼鳥バル—

懐かしい和風洋食の味

林森北路5條に今年3月オープンした焼鳥バル「紀どり」。居酒屋風の外観に反して、その実日本風の洋食メニューを多く揃え、ウイスキーやワインとともに楽しめる和風の洋食バルだ。温かみのある白木の店内は、テーブル間に仕切りを置き半個室風に。落ち着いてそれぞれの時間を楽しむための配慮が感じられる。

同店では〝日本人が懐かしさを覚える洋食〟をテーマに、この道〇十年の橋口料理長が腕を振るう。アヒージョは今回サービスの「きのこ盛り沢山」(190元/小、250元/大)、「イカとキャベツ」(210元/小、280元/大)が人気だ。ご飯ものは、これまた鶏ガラをじっくり似て野菜を多種投入した「カレー」(280元)はチキンorカキの2種。トマトが効いてカキの臭みもマイルドで味わい深く、東京の老舗洋食店にも引けを取らない。

タレまで完全自家製

一方、とりあえずのビールと一緒につまむならやはり「焼鳥」(70元~)。タレもせせりを煮込んで引いた出汁から手作り、イチオシの「つくね」は塊肉を叩いてこねた完全自家製。そのほか鮮度のよさから半レアで提供する「レバー」に希少部位「白子」と、焼鳥メニューに魅せられた常連客も多いらしい。また夜中に捕れたアオリイカの「一夜干し」(350元)、歯を立てると海の旨味が染み出てきて、お酒も進むというもの。

KAVALANウイスキーに同社のBuckskinビール、焼酎、サワー、日本酒に加えワインもチリ産、フランス産までひと通り。日本産ビールは「オリオン」(グラス130元、ジョッキ150元)、これは野原店長の故郷・沖縄は名護市のものだ。飲み放題は8人以上の場合、事前予約で399元。

「紀どり」と言いながら気取らずうまいものを出す。店員のハキハキした対応も居心地がよく、つい足が向いてしまう店だ。

Info

住所 中山区林森北路85巷14號

TEL 02-2536-1022

営業時間 17時半~24時(ラストオーダー23時半)

席数 60席(個室1、最大12人)

予算 300元~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港で11月2日(土)14時頃、ベラルーシ籍の男が滑走路に侵入、離陸準備中の機体に潜伏し…
  2. 彰化縣鹿港鎮で毎年開催されるグルメイベント「鹿港廟口小吃宴」の受付が11月6日(水)8時半にスタ…
  3. 高雄市にある外国語教室にて一昨年、講師として勤めるアメリカ籍の女性が妊娠したことを理由に雇用契約…
PAGE TOP