【今週もゴチになります】ベジテジや 菜豚屋 林森店 —サムギョプサル専門店—

リニューアルオープン

9月にリニューアルオープンしたサムギョプサル専門店「ベジテジや 林森店」。〝包まぬ豚はただの豚〟のキャッチコピーがとても印象的な同店は、実は京都発で、海外初出店の台湾には現在4店舗を展開。三枚肉をガッツリ食べながらも、野菜を豊富に摂取でき、罪悪感のないヘルシーな韓国焼肉を提案している。

同店看板メニュー「サムギョプサル」の「サムギョプ」は「三層」、「サル」は「肉」を表し、「豚の三枚肉(バラ肉)」を使った焼肉料理のこと。同店では、さらに台湾産の厳選した豚バラの赤身と脂の比率が良い部位だけを提供しているため、筋もなく肉質も柔らかいのが特徴だ。

包んで食べるヘルシー焼肉

初めての来店なら、まずは「お客様支持率NO.1セット」(699元/人)を選びたい。極厚上センサムギョプサル、プルコギなど肉4種に加え、日替わりトッピング4種、ソフトドリンクにデザートの雪花氷も。〆には海鮮豆腐チゲと鉄板ビビンバ風・済州ごはんが付く。

どのコースでも、千切りキャベツ・ネギサラダ、包み野菜が食べ放題となる。この包み野菜は、日本で研修を受けた台湾の契約農家が、農薬を一切使用せずに作ったサンチュとエゴマの葉。柔らかい葉野菜にサムギョプサルを包んで食べれば、焼肉でもあっさりしてどんどん食べられる。

フォンデュのように溶かしたチーズに肉を絡めトルティーヤで包んだメキシカン、餅で包むと八つ橋風、納豆を合わせ餅で包めば納豆餅、と組み合わせは自由自在。15種類の肉と20種のトッピングで、あなた好みのサムギョプサルを発見してみてはいかがだろう。

今回のゴチでは、新鮮な「上センサムギョプサル」をサービス。この機会に、気の合う仲間と、「マッコリ」(130元)を片手に、サムギョプサルを囲んで乾杯しよう!

Info

住所 中山区林森北路119巷67号

TEL 02-2563-0006

営業時間 17時~24時(土日・祝日は11時半~15時半も営業、ラストオーダー1時間半前)

席数 50席

予算 700元~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 日本統治時代の台湾で抗日闘争「霧社事件」の犠牲者を追悼する式典を前に、闘争を率いたセデック族の頭…
  2. 2023年の竣工が見込まれる桃園国際空港第3ターミナルの建設工事に関し、交通部長・林佳龍氏は空港…
  3. フードデリバリースタッフによる交通事故が相次いでいる件で、台北市労働局は10月15日(火)、事故…
PAGE TOP