【今週もゴチになります】汆食 作伙鍋 —火鍋店火鍋店—

素材のうまさで勝負

今年4月、民権西路駅から徒歩3分の地点にオープンした火鍋店「汆食 作伙鍋」。「汆」とは「さっとお湯にくぐらせる」、つまり新鮮な素材はしゃぶしゃぶの要領でさっと火を通して食べるのが一番、という意味を持つ。その名の通り化学調味料を一切使用せず、魚介も天然養殖もののみを提供する。

火鍋といえば黒くて重厚感のあるインテリアを想像しがちだが、こちらは開放感のある空間にメニューや食器もカラフル。それでいて落ち着いた色合いに留め、入りやすく居心地もよい空間を演出している。

夏バテも鍋で解消

鍋のスープはあっさり鶏ベースの「金華ハムチキン」にピリ辛「麻辣」と「漢方薬膳野菜」、冬季限定の「サトウキビ羊肉」の4種。2つ選んで「鴛鴦」スタイルもOK、野菜盛り合わせとごはんor春雨、冷たい緑茶に食後のフルーツがついて1人130元とリーズナブル。ただし肉や魚介類、追加は要別途料金。

そのほか8~10年物の巨大な「帝王シジミ鍋」(1380元)と夏季限定「ココナッツチキン鍋」(1680元/各2人)もオススメ。おいしいこの時期の100%ピュアココナッツウォーターで台湾産の桂丁鶏半羽を煮込む。桂丁鶏は放し飼いで有機穀物を食べて育てられ、柔らかく身の締まった品種。爽やかな味わいで夏バテも解消してくれる。

〆にはごはんや春雨もいいが、ぜひここは+20元で選べる自家製の野菜ラーメンを。ニンジンや緑茶を練り込んだ麺はコシがあり、旨みが溶け込んだスープが染みて噛むほどにおいしさを増す。

店内にはキッズスペースもあり、入り口で来店客を迎えるスタッフが常時お子様の安全に気を配ってくれる。子連れで火鍋はちょっと…と思っていたパパママも、安心して出かけていただきたい。

Info

住所 中山区中山北路三段26號

TEL 02-2585-2555

営業時間 11時半~14時、17時半~22時半(土日は休憩なし)

席数 80席

予算 500元~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 日本統治時代の台湾で抗日闘争「霧社事件」の犠牲者を追悼する式典を前に、闘争を率いたセデック族の頭…
  2. 2023年の竣工が見込まれる桃園国際空港第3ターミナルの建設工事に関し、交通部長・林佳龍氏は空港…
  3. フードデリバリースタッフによる交通事故が相次いでいる件で、台北市労働局は10月15日(火)、事故…
PAGE TOP