【今週もゴチになります】京昌園 焼肉餐廳 —本格日本焼肉店—

直輸入の極上黒毛和牛

昨年8月、食の激戦区である「東区」に海外1号店をオープンさせた「京昌園」は、静岡で10店を展開し地元で愛される老舗の焼肉店だ。日本の自社工場で加工した黒毛和牛を直接輸入しており、最高品質の和牛をそのまま提供できるのがこちらの強み。厳選食材と創業当時から続く秘伝のタレこそが、同店の「伝統の旨さ」を創り出す秘訣と言える。

7月末までの限定「黒毛和牛内ハラミ」(680元)は、余分な脂身が少なく濃厚な味わいが特徴。焼肉通なら外せない「黒毛和牛フランク」(780元)は、笹の葉のような美しいサシが入り、カルビなのにあっさり。また、賽の目に切り込みが入った「厚切りタン」(580元)は、シャキッとした歯ごたえがあり、噛むほどに深みが。リピート率ナンバーワンというのもなるほどと頷ける。

黒毛和牛を存分に堪能するには「黒毛和牛極盛り」(3680元)でキマリ。特上カルビなど定番から、希少部位ザブトンまで和牛尽くしの全5種を押さえた一皿だ。

夜は焼肉バーに変身

京昌園の定番をひと通り試すなら「豪華コース」(3960元/2人前)。ロースはじめ各部位と、厚切り牛タン、イベリコ豚、海鮮・野菜盛り合わせ、ビビンバにデザートの杏仁豆腐が付く。

先月から始まった21時半からのハッピーアワーは、照明を落とし、バーさながらの雰囲気を演出。ビール・ジンビーム・カルピスサワー・富士山特別純米酒が2杯目から40%オフ。梯子酒の2軒目にもうってつけだ。

今回は、酒の肴にもピッタリの「黒毛和牛卵とじ」をサービス。甘辛い味付けが和牛の旨味を引き出している。夏本番、冷えた「アサヒスーパードライ」(150元)を片手に、焼肉を囲み明日への活力にしよう。

Info

住所 大安区延吉街131巷45號

TEL 02-8773-7122

営業時間 11時~15時(ラストオーダー14時半)17時~翌1時(ラストオーダー23時)

席数 60席

予算 ランチ250元~、ディナー800元~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台湾では8月8日(木)から9日(金)にかけ、台風9号「レキマー」が接近。8日(木)午後は中南部が…
  2. グルメ街の人気店台湾のソウルフードといえば魯肉飯。ところが魯肉飯じゃなく、鶏…
  3. 1 超大型台風「クローサ」が南部に来襲 休暇も被害少なく2 韓國瑜「就任…
PAGE TOP