【今週もゴチになります】激屋 —居酒屋—

夏バテ防止メニュー

6月で一周年を迎えた「激屋」は林森エリアの外れ、静かに飲めてしっかり食べられる店として信頼を確立している。

厨房にも立つ店長は、大阪で和食を修行したこの道14年のベテラン。忙しい合間を縫っては新作メニューを開発する。まずは常連客に試食してもらい、さらに改良してやっとデビュー。食への飽くなき探究心が窺える。

近頃メニューに加わったのは、これからの暑さを乗り切るための食欲増進レシピ。「エビ達のガーリック炒め」(300元)は、エビとズッキーニ・ウインナーをバジルやオレガノなど数種のハーブにニンニクでさっと炒め、和風とも洋風ともつかぬ絶妙な味に仕上げた自信作。自家製塩麴をふんだんに使った「砂肝とネギのうま塩麴炒め」(220元)はネギたっぷり、ピリッと胡椒が効いて生ビールとの相性も抜群だ。

食べて飲める行きつけに

また今が旬のタケノコを使った料理は「竹の子醤油炒め」(280元)や「竹の子明太マヨ焼き」(200元)などこちらも多様。この季節だけの甘みとみずみずしさをシンプルに味わうなら「竹の子刺身」(280元)がオススメ。そして〆には富山県名産「ぶっかけ氷見うどん」(280元)。のど越しの良い冷やしうどんの上の納豆とキムチ、卵黄、ネギをしっかりと混ぜ、隠し味の柚子胡椒が後から薫る。

アルコールはビール、サワー、日本酒に加え焼酎類も充実。中でも、厳選した大麦を焙煎した「麦ほっか」(150元/杯)は、香ばしい渋みとココアのような甘い香りがクセになる本格麦焼酎。これらを含め、今回はドリンク1杯目をどれでもサービスの大盤振る舞い。好みの1杯を選び、乾杯といこう。飲み放題なら種類によって388元、588元とこちらもお得だ。

おいしいものをちゃんと出してくれる「激屋」、周年を機会に行きつけ店の1つにどうぞ。

Info

住所 中山区林森北路119巷77号

TEL 02-2531-9210

営業時間 18時~2時(ラストオーダー1時半、月曜定休日)

席数 66席、個室4(最大20人収容)

予算 800~1000元

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 日本統治時代の台湾で抗日闘争「霧社事件」の犠牲者を追悼する式典を前に、闘争を率いたセデック族の頭…
  2. 2023年の竣工が見込まれる桃園国際空港第3ターミナルの建設工事に関し、交通部長・林佳龍氏は空港…
  3. フードデリバリースタッフによる交通事故が相次いでいる件で、台北市労働局は10月15日(火)、事故…
PAGE TOP