【今週もゴチになります】一笑-和牛居酒屋-

和牛専門の居酒屋

日系の飲み屋が軒を連ねる林森北路をぶち抜く中條。南京東路からこの通りへ入ってすぐ、このエリアの顔とも言える場所に九州産の和牛を専門に提供する「一笑」がオープンして早1年になる。

店を取り仕切る柿本さんは、和牛の各部位を一番おいしく堪能できるよう手を尽くす。いい肉が入ったらそのまま塩焼きで出すか、それとも生のままユッケにするか…メニューのことを聞かれると元気いっぱい、楽しそうに説明してくれる姿が印象的だ。

ちりとり鍋で笑顔に

新鮮でいい肉を味わうならやはり宮崎産の「ユッケ」や「炙りユッケ」(各450元)。たくさん食べたい人には超ボリューミーな「MEGAユッケ」(1280元)も用意している。

同店今年のテーマは、なんと「肉どろぼう」。肉をふんだんに使った期間限定メニューが続々登場し、常連客を飽きさせない。

また〝日式の韓国料理〟として人気の「ちりとり鍋」、こちらも同店名物のひとつ。大阪で独自の発展をした韓国風のすき焼きともいえるちりとり鍋、牛バラ・豚バラにホルモンを甘辛いタレに絡め、キムチや大量の野菜と一緒に煮込む。柿本さんは以前ちりとり鍋の専門店に勤め、秘伝レシピのタレを10年かけて編み出した。さっぱりした醤油ベースの秘伝ダレが、モツのこってり感はそのままにすっきりとした後味も同時に演出。ファンも多く、通は生卵(+80元)やとろろ(+100元)を付けて食べるという。ピリ辛で酒もごはんも進む大阪のローカルフード、〆のおじやにはチーズがマスト。

おいしいものをひと口食べれば、自然と笑顔もこぼれる。うまい肉をたっぷり食べて、笑いの絶えない夜を過ごそう。

Info

住所 中山区林森北路159巷57號

TEL 02-2564-2045

営業時間 18時~翌3時

席数 40席

予算 1500元~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 今年4月、保育士による窒息死事件があった台北市の保育所「我們的連鎖托嬰中心」内湖分園が、近頃名称…
  2. 高雄市で2歳の女児が7月5日(金)夜、親が目を離した隙にタブレット端末で動画を見ながら自宅を離れ…
  3. 行政院院長・蘇貞昌が近頃、殉職した警察官の葬儀に参列した際、芳名帳に記入した後ペンを投げ捨てたと…
PAGE TOP