【今週もゴチになります】La MESA(ラ メッサ) ―スペイン料理―

スペインの街角を再現

MRT「國父紀念館」駅からほど近く、シックな装いのカフェやバーが大人の散歩道といった趣の延吉街。ここに6年前の夏オープンしたのがスペイン料理店「La MESA」だ。扉を開けると、むき出しのレンガの壁にランプ風の照明、カウンター横に掛けられたブラックボードのメニュー表…まるで現地の居酒屋〝バル〟さながらの空間が広がっている。

東京育ちのオーナー葉さんが、大好きなスペインの味をより多くの人に楽しんでもらいたいと始めた同店。メニューはスペイン暮らしの長かったフランス人シェフが、本番のレシピを元に監修した。スペイン産の材料を多く使い、現地の味を忠実にしつつ、一方塩分は控えめにアレンジしている。スペイン人をはじめ欧米人も多く訪れるのだとか。

 

本場仕込みのパエリア

  今回のサービスはバルの定番、アヒージョ。新鮮なスペイン産オリーブオイルを惜しみなく使い、具材をオイル焼きにする。40種ほど揃える各国ワインや、前日に仕込む自家製サングリアと合わせて堪能しよう。

気になるパエリアはエビ、チョリソー、鶏肉入りのオーソドックスな「ハウスパエリア」(950元)に、イカスミ入り「アロスネグロ」(850元)の2種類。スペイン産のサフランとパエリア用の米「ボンバライス」を使い鉄のフライパンで作り上げる。固めに仕上げたライスのパリッとした食感に、エビと貝の出汁が効いた同店の看板メニューだ。注文から30~40分かかるので、早めのオーダーがオススメ。

等級「チョイス」の米国産牛肉を使う「タパスステーキ」(680元)など肉料理に、焼きプリン「クレマカタラーナ」(180元)などのデザートもあり。カップルで、仲間同士で、あれこれシェアして楽しみたい。

Info

住所 大安区延吉街137巷33號

TEL 02-2778-7676

営業時間 17時半~24時(ラストオーダー21時、金・土曜21時半)

席数 60席

予算 500元~

※最低消費500元、要別途10%サービス料

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 嘉義縣の呉鳳科技大学餐旅管理科3年の女子学生2人が、近頃韓国の釜山で行われた「韓国国際技能人コン…
  2. 台中市中区のアパートで母子3人の遺体が見つかった件で、検察は11月11日(月)、被害者3人の解剖…
  3. 握りたてを心ゆくまで賑やかな大安駅から静かな住宅街を歩くこと10分。徳安公園前の「秋料理四維…
PAGE TOP