【今週もゴチになります】初拉麵(はつラーメン) ―ラーメン店―

素朴さがクセに

台北の「日系ラーメン」=「濃厚豚骨スープ」の常識を覆すかのごとく、あっさりスープの「喜多方ラーメン」で勝負する「初拉麵&煎餃」。

今はなき台北の人気クラブ「ROOM18」で10年間バーテンダーを務めた若きオーナーThomasさんが、結婚を機にラーメン業界へ足を踏み入れたのは3年前。これまで台北で唯一の喜多方ラーメン店であった「美濃屋」にて修行を積み、2017年7月に台北で2店舗目となる喜多方ラーメン店を誕生させた。

看板メニューはもちろん「喜多方ラーメン」(160元)。豚骨と煮干しを8時間じっくり煮込んで完成する奥深い味わいのスープは、日本人と台湾人向けで異なる味加減に調整してくれる。実際に福島の喜多方へ足を運び本場の味を知るオーナーの舌に狂いはない。

さっぱりした中にもコクが感じられ、飽きのこないスープには、手打ちで弾力のある平麺がよく合う。また特製ダレが染み込み、ほどよい口どけのチャーシューがスッキリとしたスープにさりげなく主張してくる。オーナーが厳選した黒豚のバラ肉を使用して作られる自家製チャーシューは+60元で追加も可能だ。

もっちりとした皮を破れば肉汁がたっぷり溢れ出る「手作り餃子」(90元/6個)はぜひ合わせてオーダーしたい。

1周年を記念して

7月22日(日)で1歳の誕生日を迎える「初拉麵」では、周年キャンペーンを実施。同店のFacebookにチェックインすると、4人以上なら「喜多方ラーメン」を、2~3人には「餃子」、1人で来店の場合は「餃子ハーフ」または「40元の小皿料理」をサービスする。どこか懐かしい、シンプルなラーメン。ここ台北で喜多方ラーメンの真髄に触れよう。

Info

住所 中正区南昌路一段59巷17號

TEL 02-2395-1175

営業時間 11時半~14時、17時半~21時(土曜は12時半~15時、17時半~21時、日曜休み)

席数 20席

予算 160元~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市信義区の世界貿易センターにて、「2018台湾美食展」が8月10日(金)~13日(月)の会期で催…
  2.   待望の2号店!光復南路の隠れ家的レストラン「ピュア・クッチーナ」が…
  3. 屏東縣「墾丁国家公園」敷地内の海岸で7月30日(月)、自殺を試みた40歳代の男性がサンゴ礁の隙間に身…
PAGE TOP