【今週もゴチになります】龍鮑翅魚翅餐庁(ロンバオチーユーチー)―フカヒレ専門店―

豪華なフカヒレ姿煮

「龍=ロブスター」、「鮑=アワビ」、「翅=フカヒレ」、名物をそのまま店名に掲げた「龍鮑翅魚翅餐庁」はMRT「行天宮」駅1番出口から徒歩5分、民生東路に店を構えて20年以上になる、老舗フカヒレ料理専門店だ。伝統中華の高級食材を、旨味調味料は一切使わず天然素材のスープだけで調理。広東料理のシェフ直伝「フカヒレの姿煮」は、素材の贅沢さを堪能できる。

お得に贅沢メニューを

同店のセットメニューは組み合わせや価格の種類も豊富に取り揃えている。ロブスターとアワビ、フカヒレにチャーハンとデザート、小皿料理、ホットドリンクが付いた「Aコース」(2730元~3880元)に、「Bコース」(1980元~2980元)はロブスター、アワビ、フカヒレ、またはナマコから好みの2品をお好みで組み合わせることができる。

張店長が推薦する写真の「B1コース」(小2470元)は、アワビとフカヒレがメイン。熱々に煮立てたスープから立ち上る磯の香りと、天然そのままの姿煮のフカヒレを、五感フル稼働で楽しもう。12時間以上煮込んだ丸ごとのアワビは、ナイフとフォークで食べやすくカットして。歯ごたえと柔らかさが同居し、噛みしめるごとに天然物ならではの海の幸の味わいが鼻腔に広がる。高級素材を煮込んだ濃厚なスープ、さっぱりしたチャーハンや小皿料理は、どれも上品な味わい。「おいしくて値段も手ごろだと、広東料理の本場・香港から毎月通う常連客もいますよ」と張店長は笑顔で語る。

今回はジャピオン読者に「A・B・C各種セットメニュー」を15%オフのサービス。春節にとっておきの贅沢な食事を、日本語メニュー完備、温かいおもてなしの老舗でお得に楽しもう。

Info

住所 中山区民生東路二段140号

TEL 02-2100-2187

営業時間 11時15分~14時半、17時15分~21時半

席数 46席

予算 1980元~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市動物保護署はこの度、今年上半期にリードなしでペットを散歩させた条例違反者数が30人にのぼる…
  2. 台北市大安区の大安森林公園地下駐車場が7月から月極賃貸料の値上げを実施、これにより利用者が減少し…
  3. 屏東縣警察局恆春分局は8月5日(月)夜、満州郷にて周辺一帯の民家に忍び込み食糧などの盗みを繰り返…
PAGE TOP