【今週もゴチになります】洪師父牛肉麺 ―牛肉麺専門店―

伝統を守りながら

「建国北路」と「長春路」の交差点に佇む「洪師父牛肉麺」。洪シェフの笑顔を掲げた看板がひときわ目を引く。1995年創業、24種類のメニューを揃える牛肉麺専門店だ。

「台湾人の思い描く伝統的な牛肉麺の味を守りながら、ヘルシーで独創的なメニューを作っています」と店長のサムさん。化学調味料は使わず、スープのキモである「紅焼ソース」は自家製で、辛味をカットした。「紅焼」は濃い赤色をしているため一般的に「辛口」と認識されるが、同店のスープは醤油で煮込んだ紅焼本来の旨味が溶け出し、まろやかな味わいに。洪シェフが考案し、職人に指導して手作りする麺もほどよくコシがあり、不要な脂を落して柔らかく煮込んだ牛肉とスープと野菜、考え抜かれた絶妙なバランスを実現している。

 

優勝牛肉麺がお得

写真の「紅麹蕃茄牛肉麺」(280元)は、紅麹、トマト、パパイヤ、陳皮、甘草などで作る。繊維質も豊富で、台湾や日本人の女性にも人気のメニューだ。牛肉麺コンテストのオリジナル部門で優勝した、まさにお墨付きの一品。

今回は、各種コンテストで優勝した同店のオリジナル牛肉麺6種を30%オフに。

対象となるのは「紅麹蕃茄牛肉麺」(280元)のほか、澄き通ったさっぱり「清燉」スープに白菜の漬物が合う「酸白菜牛肉麺」(220元)、紅焼部門優勝の「獨當一麺」(240元)、清燉部門で優勝した「五花牛腩」(280元)、紅焼部門で最高評価の「牛三寶麺」(280元)、そして紅焼部門優勝、スペアリブ入りのゴージャスな「唯吾獨尊」(1088元)。

気になるテイストの牛肉麺に挑戦するチャンス。優勝の味を、お得に食べ比べをしてみよう。

 

住所 中山区建国北路二段72号

TEL 02-2500-6850

営業時間 11時~23時

席数 70席(1階20席、地下50席)

予算 300元~

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 嘉義縣民雄郷のパイナップル農園で、9月9日(土)、20歳代のカップルがカーナビの…
  2. アメリカ・Google社は9月7日(木)、同社のクラウドサービス「Google …
  3. 台湾南部高雄市で9月11日(月)深夜、国道1号線を走行する高速バスがガードレール…
PAGE TOP