【今週もゴチになります】沄洲居酒屋(ユンジョウ)―日本料理―

黒板にお品書き

MRT松山線「南京三民」駅3番出口から徒歩5分、八徳路に面した「沄洲居酒屋」は、親しみやすい食堂風の佇まい。日中は近隣に住む人やオフィス勤めのサラリーマンが昼食を取りに、夜はおまかせ料理と酒を楽しみたい常連客でいつもにぎわっている。

気軽におまかせ

同店は2015年にオープン後、16年11月に現在の場所へ移転。席も30席とゆったりした店に拡大した。

同店のメニューは、壁に掛けた黒板の「本日の料理」のみ。予算を伝え、おまかせにすることもできる。

オーナーシェフの王志男さんは、北海道や銀座などで4年間割烹料理を学んだ。日本国内を転々としたのは、師匠の転勤先に帯同したため。おかげで各地の名産や、季節ごとの素材の素晴らしさを知ることができたという。

「台湾では、おまかせメニューは高いという認識があります。うちでは手ごろな料金で、様々な素材を異なる調理法で味わってもらえます」と王さん。

天ぷらは80元から、中でも一番人気は「海老天ぷら」(280元)。「鶏からあげ」(150元)、「山芋炒め」(200元)のほか、焼き魚は時価でその日の新鮮なものを仕入れ、毎日のメニューを考案している。

また、料理に合わせて「台湾ビール」、「ハイネケン」、「キリン生ビール」(通常100~150元/杯)の「500元飲み放題セット」もうれしいシステム。日本酒は小瓶で数種類を用意。今回は1組に1本をサービスしてくれる。

宴会なら円卓の利用も可能。年末年始に友達同士、家族や同僚での食事会を計画したら、予算を伝えて気軽に相談しよう。

Info

住所:松山区八徳路四段247號

TEL:02-2756-9575

営業時間11時半~14時、17時半~21時半

席数30席

予算500元~

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 今年4月、保育士による窒息死事件があった台北市の保育所「我們的連鎖托嬰中心」内湖分園が、近頃名称…
  2. 高雄市で2歳の女児が7月5日(金)夜、親が目を離した隙にタブレット端末で動画を見ながら自宅を離れ…
  3. 行政院院長・蘇貞昌が近頃、殉職した警察官の葬儀に参列した際、芳名帳に記入した後ペンを投げ捨てたと…
PAGE TOP