【今週もゴチになります】東京 田町 鳥心 ―焼鳥・鶏料理―

ワインと楽しむ鳥料理

枯山水を設えしっとりとした店構え。市中心部

の繁華街とは思えない空間が広がる「鳥心」は、東京・田町に本店を置く鳥料理専門店だ。

暖簾をくぐって店内に入ると、ガラス張りの焼き場を据えた14席のカウンターと、ずらりとワインが並ぶ棚が目に入る。「ワインと焼鳥、串焼きを一緒に楽しんでいただくことをコンセプトにしています」。初々しい笑顔で語るのは、店長の池田ゆかさんだ。

赤と白とのマリアージュ

同店ではフランスやオーストラリアなどから、鳥料理に合うワインをセレクト。赤・白ワイン常時18種類ほどを用意し、肉やタレの種類に合わせてオススメしている。

オーダーはまずワインを選び、例えば写真の「白レバーのムース」(180元)を。ブランデーを加え滑らかに濾したムースを薄切りバゲットに乗せ、お好みでハチミツや干しブドウ、レッドペッパーもプラス。レバーの濃厚な香りと自然の甘さ、ワインとのマリアージュはまさに完璧、焼き上がりを待つ間にぴったりの前菜だ。

また「ソリレス」(通常140元)は鳥モモの付けね部分のジューシーな歯ごたえと香ばしい皮を塩だけで仕上げた、白ワインが進む一品。台北店オリジナルの「和牛のウニのせ」(480元)は、赤ワインがほしくなる贅沢な一串だ。素材の鮮度はもちろん、串の刺し方や火入れの均一さにもこだわり、焼き上がりのふっくらとしたボリュームと美しさはお見事の一言。

今回はジャピオン読者に、「白レバー焼き」1本、または4人以上で来店するとワイン「JACOB‘S CLEEK」の赤または白を1本サービス。

ワイン棚の裏には、隠れた6人用個室も。グループで訪れるとお得な期間をお見逃しなく。

住所 中山区南京東路一段31巷6号1階

 TEL 02-2521-5860

 営業時間 18時~22時半(L/O)無休

席数 38席(カウンター14席、個室6席)

予算 1000元~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市三民区にある小学校で、学校指定の制服が一式4000元余りと高額であることか…
  2.   行政院は5月14日(月)、低給与の救済に関する法案を公布。来年1月にも1…
  3.   日本で焼き鳥修業中山北路二段から林森公園につながる小路を入ると、真新しいコンクリート打…
PAGE TOP