【今週もゴチになります】春日甜Café(はるかカフェ)―カフェ・レストラン―

おとな麗しい美食カフェ

  お散歩日和の3月、今日はどこで何を食べよう? 賑やかな南京東路の裏、静かな小道を入った「春日甜Cafe」なら、その答えが見つかるはず。フレンチ&イタリアン、和風洋食、お酒にケーキ。手をかけたあらゆるメニューが堪能できるカフェ・レストランだ。

「見えないところにこだわりたい」と微笑むのは、オーナー・パティシエールのはるかさん。日本の和食店で修業し、ル・コルドンブルーを卒業したはるかさんは、留学時代、調味料を塩一粒使わない自炊で「素材の味を舌で覚えた」という。

こだわりカレーの秘密

そんなはるかさんのメニューは、フレンチやイタリアン、アジアンの融合。アボカドとエビの「花束サラダ」(180元)は和風ドレッシングでさっぱりと。油や卵を使わず上質な小麦粉で香ばしく焼き上げた「手作りパン」(2個150元、3個180元)は、トリュフチーズやキャラメルブランデー、自家製ジェノベーゼソースなど5種のディップから2種を選べる。

人気の「ホームメイド五穀米ビーフカレー」(320元)は市販のルーや油を使わず、野菜が完全に煮融けるまで60時間かけて煮込む。ふっくら渦巻いた卵の下から五穀米が鮮やかな色を見せ、おいしさと歯ごたえを。口の中でスパイスが花開くカレーは、胃もたれとも無縁。食への愛情と身体への思いやり、手間ひまかけて作られたひと皿だ。また「クランベリーと抹茶、小豆のオペラケーキ」(220元)のこぼれる色と味わいを、眼と舌で堪能しよう。

「言葉ではなく、私の背中を見せる」と若いシェフを見守り育てる、はるかさんが1つひとつ創り上げた店。その名の通り、春のように心地よく過ごせる、特別なダイニングだ。

Info

住所 中山区中山北路二段27巷14号1楼

TEL 02-2567-8017

営業時間 11時半~20時 月休

席数 60席

予算 500元~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 今年4月、保育士による窒息死事件があった台北市の保育所「我們的連鎖托嬰中心」内湖分園が、近頃名称…
  2. 高雄市で2歳の女児が7月5日(金)夜、親が目を離した隙にタブレット端末で動画を見ながら自宅を離れ…
  3. 行政院院長・蘇貞昌が近頃、殉職した警察官の葬儀に参列した際、芳名帳に記入した後ペンを投げ捨てたと…
PAGE TOP