【ジャピュラン☆ガイド】第4回 高雄五福鮮蝦扁食(ガオションウーフーシエンシアピエン)

 

ワイルドな調理場は屋台風。持ち帰りもOK!

「入りにくい店に行ってみたい!」台北駐在マダムにリクエストされすぐ頭に浮かんだのは、忠孝復興近くの小路にある「ピエンシー(扁食)」の店。

実はココ、時々向かいのカフェのベランダからウォッチしていたの。古びた屋台のような店構え、地元の人たちがひっきりなしに出入りするけど、日本人女性にはちょっと敷居が高いかも、なんて。

「扁食」は、いわゆるワンタンのこと。この店は高雄が発祥の創業30年を超える老舗で、屋台のような調理場の後ろには、思いがけないほど奥行きのある店内。壁に貼られた写真を見ると、台湾や香港、日本の媒体にも紹介されているみたいね。

激うま自家製チリ

大人女子は麺類でおなか一杯にするより、あれこれおかずをつまみたいもの。今日はスープワンタン「鮮肉扁食」(70元)、「鮮蝦扁食」(70元)と、小皿は「青菜」などをいくつか頼んでみたわ。扁食はつるっつる、お店で包んでいるから新鮮でジューシー。マダムもスープの出汁加減に感激してるみたい。ほどよい塩味、カツオ出汁の旨味がよく効いていて、扁食との相性も抜群ね。可愛らしい容器に入った唐辛子ソースは、ただ辛いだけじゃないのがエライ! 自家製ならではのコクとほのかな甘みもあって、扁食に乗せて食べるとまた格別。辛いものが大好きな私はたっぷりめに、辛いのはそれほど…というマダムはちょっと乗せで、「味が締まっておいしい!」と大感激。

「タケノコ食べるか!? タイワンタケノコ、アマイ、オイシイ!」お店のおばさんに薦められた小皿は、直球型の推薦文通り。豆干はしっかり味が染みて、こんなに柔らかく仕上がるんだねと感動するひと皿。「注文しすぎたかな?」と心配したけど、キレイに完食して満足、満足。勇気を出して入ってみて正解!。

注文はチェック式だしお店の人たちも気さくでフレンドリー、全然入りにくいお店じゃなかった。マダムも喜んでたし、入りにくい店突撃隊、また行こう!

info

住所 大安区敦化南路一段236巷23號

TEL 02-2752-5741

営業時間 8時半~22時(無休)

席数 約30席

予算 約70~200元 投稿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 12月15日(日)より放送スタートの民視の新番組「旅日達人秘笈(日本旅行の達人の秘訣)」が月2日…
  2. スポーツジムチェーン「World Gym健身俱楽部」民権東店が、安全検査をパスしないままオープン…
  3. 中国でTV番組の収録中に急逝した俳優・高以翔の遺体を乗せた東方航空便が12月2日(月)午後、桃園…
PAGE TOP