TWG紅茶に不合格 基準値超の農薬検出

 

生福利部食品藥物管理署は6月5日(火)、イギリスに本社を置く紅茶メーカー「トワイニング」の製品から基準値を超える農薬が検出されたことを発表。

製品はスリランカから輸入されたもので、国境検疫で不合格と判断された。農薬はネオニコチノイド系の殺虫剤「チアクロプリド」で、基準値の1.8倍の量が検出された。

同署によると、同製品の代理販売業者が扱う製品の不合格はこれが初めてではないという。

(6月5日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 炭火焼鳥とワインの店林森北路沿い、康楽公園前にひっそり佇む「東京田町・鳥心」は、備長炭でじっ…
  2. 台北市大同区のクレーンゲーム店にて、今年7月、1人の男性客が不正な手段で商品を獲得したとして訴えられ…
  3. 台南市で果物の砂糖漬け「蜜餞」売りを営む65歳の女性が、自身の身の上を詐称していたことがわかった。…
PAGE TOP