TV局が故意に誤報道 罰金160万元の処分

国家通訊伝播委員会(NCC)は、TV局「中天新聞台」に対し、故意に民意を誘導する報道を行ったとして7月24日(水)、同局に対し160万元の罰金処分を下した。
同局は今年3月27日、関西国際空港のフェイクニュース問題で処罰されたと報道。しかしその際の処罰はほかの報道内容に関するものであり、事実と異なることが判明。さらに韓國瑜絡みの報道が多すぎると視聴者からの告発もあった。
(7月24日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台湾人の父親と南アフリカ人の母親を持つ混血の青年が、10月8日(火)、30数年ぶりに居留許可証を…
  2. 10月5日(土)に行われた第54回金鐘奨の表彰式で、ドラマ「私たちと悪の距離(我們與惡的距離)」…
  3. 公務員の給与補助や休暇制度に基づき使用されるクレジットカード「国民旅游カード(國旅卡)」に関し、…
PAGE TOP