TV局が故意に誤報道 罰金160万元の処分

国家通訊伝播委員会(NCC)は、TV局「中天新聞台」に対し、故意に民意を誘導する報道を行ったとして7月24日(水)、同局に対し160万元の罰金処分を下した。
同局は今年3月27日、関西国際空港のフェイクニュース問題で処罰されたと報道。しかしその際の処罰はほかの報道内容に関するものであり、事実と異なることが判明。さらに韓國瑜絡みの報道が多すぎると視聴者からの告発もあった。
(7月24日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. スポーツジムチェーン「World Gym健身俱楽部」民権東店が、安全検査をパスしないままオープン…
  2. 中国でTV番組の収録中に急逝した俳優・高以翔の遺体を乗せた東方航空便が12月2日(月)午後、桃園…
  3. 飽きのこないヘルシー串焼台北の流行発信地「東区」に今年2月オープンした創作居酒屋「野﨑」。こ…
PAGE TOP