TOEIC試験不備 受験者に追試か返金

 

台湾で12月24日(日)に実施された「国際コミュニケーション英語能力テスト(通称TOEIC)」のリスニング試験で、試験問題と放送内容の差異があり、全台湾の受験者2万4000人が受験中断及び追試を余儀なくされた。

主催団体は25日(月)、受験者に対し受験料の返却もしくは1月7日(日)に実施する再受験のいずれかの選択、さらに交通費として200元の支給を提案している。

(12月25日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市警察は4月16日(月)、新北市土城区にてアンフェタミンなど覚醒剤を精製する…
  2. 台北市最大の観光夜市「士林夜市」内のカットフルーツ店でフルーツ7袋を1500元に…
  3. 屏東縣政府民政處によると、今年3月末時点の縣人口が昨年12月末より約1000人減…
PAGE TOP