TOEIC試験不備 受験者に追試か返金

 

台湾で12月24日(日)に実施された「国際コミュニケーション英語能力テスト(通称TOEIC)」のリスニング試験で、試験問題と放送内容の差異があり、全台湾の受験者2万4000人が受験中断及び追試を余儀なくされた。

主催団体は25日(月)、受験者に対し受験料の返却もしくは1月7日(日)に実施する再受験のいずれかの選択、さらに交通費として200元の支給を提案している。

(12月25日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 公式発表では80慢人を動員したとされる高雄市の年越しカウントダウンイベント会場で、パパイヤミルク…
  2. 東京渋谷区に本社を置く株式会社アトレが1月10日(木)、台北市信義区の商業施設「Breeze南山…
  3. 台湾農業委員会は近頃、ブタの死骸が遺棄される案件が多発しており、昨年12月19日(火)から1月8…
PAGE TOP