TOEIC試験不備 受験者に追試か返金

 

台湾で12月24日(日)に実施された「国際コミュニケーション英語能力テスト(通称TOEIC)」のリスニング試験で、試験問題と放送内容の差異があり、全台湾の受験者2万4000人が受験中断及び追試を余儀なくされた。

主催団体は25日(月)、受験者に対し受験料の返却もしくは1月7日(日)に実施する再受験のいずれかの選択、さらに交通費として200元の支給を提案している。

(12月25日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台中市の高齢者支援機関「弘道老人基金会」が、彰化縣にて今年春から4カ月に渡り、高齢者たちへの識字…
  2. 台北市動物保護署はこの度、今年上半期にリードなしでペットを散歩させた条例違反者数が30人にのぼる…
  3. 台北市大安区の大安森林公園地下駐車場が7月から月極賃貸料の値上げを実施、これにより利用者が減少し…
PAGE TOP