MRTで日本語案内 旅行社の利便性図る

 

台北市政府は近日、日本人観光客の利便性を高めるため、市内のMRT駅にて日本語の案内放送を行うことを取り決めた。早ければ2カ月ほどで実用に至る予定。

台北捷運公司総経理によると、現在MRTでは4言語による案内放送を行っているが、他国の実例を参考に日本語を採り入れることを決めたという。交通部観光局の統計データに基づき、日本人旅行者が多く立ち寄る台北、士林、東門、台北101/世貿、淡水、西門、龍山寺、劍潭、中正紀念堂、北投、新北投駅で先行開始する。

なお昨年台北を訪れたアジア人旅行者数は347万人、うち日本人は155万にのぼる。

(5月2日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市にある外国語教室にて一昨年、講師として勤めるアメリカ籍の女性が妊娠したことを理由に雇用契約…
  2. YouTubeチャンネル「Tolta round the world」が10月末に制作した台湾を…
  3. 台北地方検察署は11月5日(火)、市警察局文山第一分局に勤める46歳の男を、恐喝及び詐欺罪で起訴…
PAGE TOP