LINE未読で解雇 賠償65万元の判決

新北市中和区のドラッグストアに勤務する男性が、昨年2月、同社幹部の送信したLINEメッセージを読むのが遅かったという理由で解雇され賠償を求めていた件で、裁判所はこの度65万元を支払うよう同幹部に命じた。

男性は同店に12年勤めており、月収は約8万元だった。

昨年2月5日深夜0時過ぎに幹部から、副店長でありながらグループのメッセージ既読が最後だったことに不満を表した内容が送られ、およそ2時間後にはグループチャットにて男性を店員に降格させる旨が送信された。

男性はこの日忙しく、メッセージを確認する暇がなかったことを説明したが、解雇が通達された。

(9月29日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市信義区の世界貿易センターにて、「2018台湾美食展」が8月10日(金)~13日(月)の会期で催…
  2.   待望の2号店!光復南路の隠れ家的レストラン「ピュア・クッチーナ」が…
  3. 屏東縣「墾丁国家公園」敷地内の海岸で7月30日(月)、自殺を試みた40歳代の男性がサンゴ礁の隙間に身…
PAGE TOP