LCCピーチ新路線就航 来夏には高雄―沖縄も開拓

 

日本の格安航空(LCC)「ピーチ・アビエーション」が9月5日(火)、台北市内で新路線就航に関する発表会を行った。

同社は今月24日(日)より台北―仙台と台北―札幌、仙台―札幌、札幌―福岡の4線を新規就航。仙台からのLCC国際線は初、これで国際線は14路線、国際線は15路線、1日当たりの便数は最大100便を運航する。

同社の井上慎一社長によると、現状の搭乗客比率は日本人30%、外国人70%、主に20〜30代が占めるという。またこの発表会の席上にて、来年夏には高雄―沖縄線も就航することを明らかにした。

(9月5日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市動物保護署はこの度、今年上半期にリードなしでペットを散歩させた条例違反者数が30人にのぼる…
  2. 台北市大安区の大安森林公園地下駐車場が7月から月極賃貸料の値上げを実施、これにより利用者が減少し…
  3. 屏東縣警察局恆春分局は8月5日(月)夜、満州郷にて周辺一帯の民家に忍び込み食糧などの盗みを繰り返…
PAGE TOP