LCCピーチ新路線就航 来夏には高雄―沖縄も開拓

 

日本の格安航空(LCC)「ピーチ・アビエーション」が9月5日(火)、台北市内で新路線就航に関する発表会を行った。

同社は今月24日(日)より台北―仙台と台北―札幌、仙台―札幌、札幌―福岡の4線を新規就航。仙台からのLCC国際線は初、これで国際線は14路線、国際線は15路線、1日当たりの便数は最大100便を運航する。

同社の井上慎一社長によると、現状の搭乗客比率は日本人30%、外国人70%、主に20〜30代が占めるという。またこの発表会の席上にて、来年夏には高雄―沖縄線も就航することを明らかにした。

(9月5日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 雲林縣口湖郷にある養鶏場で、2月4日(月)大晦日(除夕)の夜、大量の爆竹音に驚いた鶏約1500羽…
  2. Facebook状の掲示板「爆怨公社」にて近頃、がんを患う女性の投稿が議論を醸している。…
  3. 高雄市に住む3歳の女児が1月20日(日)、父親に連れられ出かけたガソリンスタンドにて、高圧の空気…
PAGE TOP