Facebookで結婚相手募集の男性 年収200万で見合い20回

 

嘉義縣義竹郷に住む36歳の男性が、近頃フェイスブック上に20回の見合いに失敗した末結婚相手を募集する旨を投稿し、ユーザーらの関心を集めている。

男性は水産養殖業の2代目で、台北の大学を卒業後、家業を継ぐために帰郷。現在の年収は約200万元だが、高級車や有名ブランドに関心はなく、国産車に乗り慎ましく暮らしていたところ、両親に結婚を急かされ見合いに踏み切った。しかしながら見合いの際、相手の女性に養殖業は休みがなく朝4時に起床、夜は20~21時まで仕事するなど多忙であることを話すと、縁談を断られ続けているという。

ネット上では男性を応援、励ます書き込みが相次いでいる。

(3月18日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台中市の高齢者支援機関「弘道老人基金会」が、彰化縣にて今年春から4カ月に渡り、高齢者たちへの識字…
  2. 台北市動物保護署はこの度、今年上半期にリードなしでペットを散歩させた条例違反者数が30人にのぼる…
  3. 台北市大安区の大安森林公園地下駐車場が7月から月極賃貸料の値上げを実施、これにより利用者が減少し…
PAGE TOP