921大地震から20年 当時を振り返る回顧写真展

中部・南投縣を震源とする「921大地震」から20年目となった9月21日(土)、國立台南芸術大学音像記録研究所は回顧写真展を開催。10月8日(火)までの会期で、地震発生後すぐに現地へ入った同研究生らにより撮影された写真や映像を展示している。
写真、映像は南投縣中寮郷で撮影されたもので、「災害」、「傷跡」、「記憶」、「再生」とテーマを4つに分け展示。自然の強大な破壊力、近親者を失った悲しみ、痛みが去った後の温もりなどフレームの中に生きる人々の感情を伝えるものとなっている。
また当時、同縣埔里鎮で被災し家族6人を失い、天涯孤独となったうえ自らも左足を失った男性が近況と近影を公開。当時祖父、祖父、父母と姉とともに住んでいる家が倒壊し、家族に守られ助かったこと、しかしながら左脚を膝下から失い義足で生活していること、現在は郵便局に勤めていることを明かした。
(9月23日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 彰化縣鹿港鎮で毎年開催されるグルメイベント「鹿港廟口小吃宴」の受付が11月6日(水)8時半にスタ…
  2. 高雄市にある外国語教室にて一昨年、講師として勤めるアメリカ籍の女性が妊娠したことを理由に雇用契約…
  3. YouTubeチャンネル「Tolta round the world」が10月末に制作した台湾を…
PAGE TOP