2018台湾美食展が開幕 ご当地グルメを海外にもPR

台北市信義区の世界貿易センターにて、「2018台湾美食展」が8月10日(金)~13日(月)の会期で催された。

開幕式には副総統・陳建仁や交通部部長・吳宏謀、客家委員会主席委員・李永德、交通部觀光局局長・周永暉らが出席。副総統・陳建仁は今回のイベントを通じ、台湾の美食を海外の観光客へアピールしたいと話した。

主催の台湾観光協会会長・葉菊蘭によると、今年の美食展のテーマは「美膳台灣、探索廚藝、土地台灣、美味食光、異國美食」。会場を大きく5エリアに分類し、21項目のテーマに沿って「屋台飯」や「レストラン」、「海・山の幸」などが展示・紹介された。

葉会長によると、昨年台湾を訪れた旅客数は1073万人。台湾の自然や固有の文化のほか、美食(グルメ)も観光客にとって大きな魅力となり得るとして、積極的にアピールしていく意志を示した。

同協会は8月を〝台湾美食月間〟とし、今年の美食展を例年より1日長い4日間で開催。

24店の著名レストランのほか、誠品(eslite)、六福、圓山、晶華などホテル大手のレストランも出展。

 

 

また学生の企画・制作による美食をいっそう楽しむための〝器〟を展示する「小吃大器」ブースや、料理人の芸術的テクニックを披露する「厨芸大賽」ブースなど、遊び心あふれる展示で来場者の目を楽しませた。

そのほか、今回のPR大使を務めた台湾の人気歌手・クラウド・ルー(盧廣仲)は11日(土)に登場、幼いファンの少女に汗を拭いてもらう一幕もあった。

(8月13日)

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

分類

ピックアップ記事

  1. 和食がうまい創作バル東京都心に展開する人気の創作和食バル「板前バル」が、信義区の統一時代百貨…
  2. 1 新北市長候補・侯友宜、15年間3億の収入を未申告2 エレベータ痴漢「虫を取る」と称し女性…
  3. 台中市に住む男性が11月5日(月)、ネット上にて自身の娘が生まれた日の新聞各紙を、娘の18歳の誕…
PAGE TOP