2013年のコンサート キャンセル費用訴訟で賠償

イギリスのロックバンド「Blur」が2013年5月に予定していた台北でのコンサートが取り消された件に関し、チケットを取り扱う「年代網際事業」が主催の「潤亨国際股份有限公司」を相手取り賠償を求めた訴訟で、士林地方裁判所は近頃、潤亨に777万元の支払いを命じた。
潤亨は同年3月年代と契約、広告宣伝、会場予約、チケットの販売などを依頼。売上は1058万元に及んだが、4月下旬に潤亨が売れ行きの不振を理由に取消を年代に通告、払い戻しを依頼した。しかし契約に含まれた手数料や広告費、払い戻し費用が支払われず、年代側が賠償を求めていた。
(12月10日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 東京渋谷区に本社を置く株式会社アトレが1月10日(木)、台北市信義区の商業施設「Breeze南山…
  2. 台湾農業委員会は近頃、ブタの死骸が遺棄される案件が多発しており、昨年12月19日(火)から1月8…
  3. 台湾鉄道局は1月9日(水)0時より、春節期間中の東部鉄道チケットを発売。販売開始1分で14万60…
PAGE TOP